ミントのブログです。
惜しかった、でもよく頑張った!

先ほど、選抜高等学校野球大会の準決勝第一試合が終わり、奈良代表の天理高校が0−2で惜しくも敗れました。

残念!
でも、本当によく頑張りはりました。
ほんと、よくやった!

もう一つの奈良の代表、智弁学園と一緒にベスト8に残った時は、「奈良同士の決勝戦もあるかも?」なんて期待したりしました。
両校とも本当によく頑張りました。



そういえば、35年くらい前。
私が中学生の頃も、天理高校が春夏連覇をしたりして、むちゃくちゃ強かった!
天理高校の試合を、高校野球好きの友達と一緒に見に行って、キャーキャー騒いでいた頃を懐かしく思い出します。


アラフィフウーマンになった今では、高校球児を息子のような想いで見てしまいますが、あの頃は「本橋選手、かっこいい!藤井くん、かっこいい!」と年上のお兄さんにときめいていたっけ。
あ〜、甘酸っぱい青春でした。


家に帰ってから、テレビのハイライトで今日の熱戦を拝ませていただきます。
本当によく頑張った!
素晴らしい試合、頑張りをありがとう!


いぼきょん

日時 2021年03月31日 14:27 | 固定リンク | コメント (0)

幸せな週末

前回のブログから、20日ほど空いてしまいました!
のんびりしてしまいました(笑)。

最新号ミントは、明日からポスティングしますので、楽しみにしていてくださいね〜♪


先週末は、私、とっても幸せな気持ちで過ごしていました。

というのも、金曜日の夜、日本アカデミー賞の結果に狂喜乱舞!

最優秀主演男優賞に、「ミッドナイトスワン」の草g剛くん。

そして、最優秀作品賞が「ミッドナイトスワン」。

あ〜、発表された瞬間、あまりの喜びで、夜だというのに、「やった〜!!!」と一人絶叫してしまいました。

大好きな俳優さんである剛くんの代表作になったといっても過言ではない、この「ミッドナイトスワン」。

というか、剛くんが演じているのではなく、
渚沙さんというトランスジェンダーの一人の人間が、映画の中でしっかり生きていた!という感じでした。
ほんと、すごかった…

SMAPが解散して、さみしく思うこともいっぱいありますが、
いろんな経験を経て、天才だと称される剛くんの演技がさらに磨かれて、今回の栄冠を手にすることができたんだと思うと、胸が熱くなります。

受賞のスピーチもすっごく良かったし、何より、他の最優秀主演男優賞候補者の方からも笑顔で祝福してもらっていて、やっぱ、それはつよぽんのお人柄や、今まで頑張ってきたことをみんな知っているからなんやろうな、とさらにぐっとこみあげてきて。
(写真は、受賞後、レッドカーペットをみんなで歩いているワンシーン。みんな、いい顔してる!)

さらに、「Fukushima50」が受賞するという雰囲気になっていた最優秀作品賞が、まさかまさかの「ミッドナイトスワン」に!
嬉し過ぎて、一人で大号泣でした。
つよぽんが言っていたけど、
ほんと、あきらめたりしないで一歩ずつ進むといいことがあるんだね。
本当におめでとう!!!


金曜夜のこの幸せな気持ちのまま、土曜も幸せな気持ちで職場で仕事をしていたら、さらに幸せな報告が!


中学1年生だけの部活動の大会で、息子が表彰状をもらってきたのです。
やった〜!!!
トップレベルの成績ではなかったみたいですが、それでも表彰状をもらえるなんて素晴らしいこと♪
日頃、「だる〜」なんて言って部活動に行くこともある息子ですが、それでもサボらず真面目にこつこつ取り組んでいるから、こんな素敵なご褒美がいただけたのかな。
やったね、息子くん。


先週末は、そんなこんなで、とっても幸せな気持ちでした。

つよぽんや息子の頑張りに刺激を受けて、母も「毎日を一生懸命生きていこう!」と改めて思うのでした。


いぼきょん

日時 2021年03月23日 19:15 | 固定リンク | コメント (0)

ぞろめイエスタデイ

昨日は、3のぞろめ日でした。

令和3年3月3日!

キレイに揃ってる〜♪

と、編集室で一人浮かれていたのは、ハイ、私です(笑)



いぼきょん

日時 2021年03月04日 18:12 | 固定リンク | コメント (0)


「Mint」は奈良県の中和エリアでポスティングしているタウン情報紙です♪

最新の記事

  • ほんとに大安?
  • 中間テスト結果…
  • 変わっていた焼印
  • キュート〜(^^)
  • 提出物、完璧(^^)b
  • あと3ヶ月!
  • 記録更新!
  • 9月も贅沢おさんじ♪
  • おっと、いいお天気(^^)
  • お天気、もってちょうだい!

  • 最新のコメント

  • 提出物、完璧(^^)b (Mollyclory)

  • <<   2021年03月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            

    書庫

  • 2021年10月 (5)
  • 2021年09月 (5)
  • 2021年08月 (5)
  • 2021年07月 (3)
  • 2021年06月 (6)
  • 2021年05月 (8)
  • 2021年04月 (4)
  • 2021年03月 (3)
  • 2021年02月 (5)
  • 2021年01月 (5)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (5)
  • 2020年10月 (9)
  • 2020年09月 (5)
  • 2020年08月 (5)
  • 2020年07月 (8)
  • 2020年06月 (5)
  • 2020年05月 (13)
  • 2020年04月 (5)
  • 2020年03月 (2)
  • 2020年02月 (4)
  • 2020年01月 (5)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年09月 (6)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (7)
  • 2019年06月 (4)
  • 2019年05月 (4)
  • 2019年04月 (3)
  • 2019年03月 (2)
  • 2019年02月 (3)
  • 2019年01月 (5)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (3)
  • 2018年08月 (3)
  • 2018年07月 (4)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年04月 (4)
  • 2018年03月 (3)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (5)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年09月 (2)
  • 2017年08月 (5)
  • 2017年07月 (4)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (4)
  • 2017年04月 (3)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (4)
  • 2016年06月 (2)
  • 2016年05月 (2)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (6)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (6)
  • 2015年10月 (7)
  • 2015年09月 (6)
  • 2015年08月 (4)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (3)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (3)
  • 2014年08月 (2)
  • 2014年07月 (5)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (5)
  • 2014年03月 (4)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (7)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (5)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (4)
  • 2013年05月 (8)
  • 2013年04月 (5)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (9)
  • 2012年12月 (11)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (3)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (5)
  • 2012年07月 (8)
  • 2012年06月 (10)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (6)
  • 2012年03月 (7)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (8)
  • 2011年12月 (11)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (13)
  • 2011年08月 (8)
  • 2011年07月 (8)
  • 2011年06月 (6)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (10)
  • 2011年03月 (8)
  • 2011年02月 (8)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (14)
  • 2010年11月 (11)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (8)
  • 2010年08月 (11)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (13)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (15)
  • 2010年03月 (15)
  • 2010年02月 (9)
  • 2010年01月 (8)
  • 2009年12月 (14)
  • 2009年11月 (12)
  • 2009年10月 (13)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (10)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (7)
  • 2009年05月 (8)
  • 2009年04月 (4)